FC2ブログ
http://8surya8.blog107.fc2.com/
りんご音楽祭🍎
2018-09-27 Thu 15:56
9月22日,23日に松本市アルプス公園で行われた「りんご音楽祭」に行ってきました。
今回は友達のやまだい農園さんがりんごスイーツのお店として出店するのでお手伝いしてきました。
うちから車で20分くらいのところで毎年開催されているフェス。
気になっていたけれど、行った事がなかったのでお手伝いだとしても楽しみに当日を待っていました。
初日は午前中は雨だったけれど気にならない程度。
午後からは暑いくらいに晴れ、翌日は朝から快晴で気持ちの良い2日間でした!

こちらは少し時間をもらったのでメインのりんごステージまで行き、U- zhaan×環ROY×鎮座DOPENEESを観に行った時。
人が多くて近づけなかったけど、3人のかけ合いがほのぼのしてて楽しかった♪
やまだい農園が出店しているのは、そばステージ。
ほぼ、ここにいたのでそばステージで演奏していたアーティストは大体は聴きました。
その中で良かったのはWUJA BIN BIN。

メンバーに東京に住んでいた頃の知り合いがいて、演奏が始まってから気がつきビックリ!
初日の一発目にも関わらず、集まっていたお客さん達は笑顔で踊っていました。
あとは2日目の「踊ってばかりの国」
友達が大好きでおススメされていたのだけど、やっと観れるチャンスがやってきた!
カッコよかった‼︎聴けて良かった、また聴きたい。
ワンマンライブがいいな~♪
それにしても、こんな街中にある公園で、これだけのフェスが出来るなんてスゴイ!
周りの理解とケアがなければ出来ないと思う。
また機会があれば参加したいです。

こちらがりんごのキャラメリゼのパンケーキ、めちゃウマイ。

今回のやまだい農園クルー
ホタカ&ユッコ、誘ってくれてありがとう!
買ってくれたお客さん達、ありがとうございました‼︎
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
apbankfesとA.B.C
2018-07-24 Tue 22:32
今月は2週連続で出店してきました!
まずは静岡県つま恋で行われたapbankfes2018。

こちらはsipilicaさんのお手伝いを兼ねて作品を置かせてもらうスタイル。
とにかく暑かった...!
会話のほとんどが「暑い」になってしまうほど。
こんなに汗だくになったのは久しぶりでした。
そんな中でも皆さん楽しそうに過ごしていて、suryaの作品をたくさんの方達が購入して下さいました!
ありがとうございます‼︎


久々の県外出店、楽しかった!
会いたかった友人宅の仔猫にも会えたから大満足!でした。
誘ってくれた真穂ちゃん、ありがとう♡
そしてお次は今回で4回目の出店になる、ALPS BOOK CAMPです。
大町の木崎湖キャンプ場が会場です。
お天気に恵まれ暑かったけれど、林の中での出店だし、暑ければ湖でクールダウン出来るし、爽やかな風が時折抜けていくので身体はラクでした。



今回は友達のセラピストと合同出店。
私は作品の販売とサンキャッチャーのワークショップもやりました。
のんびりとマイペースでやれたのでこちらも楽しかったです。

ALPS BOOK CAMPは本が中心のイベントなので、私も買い物してきました。
猫の絵本2冊と他2冊の絵本、燕岳のバッジと(去年は槍ヶ岳を買いました)猫のバッジとポストカード。
毎年このイベントで絵本を買っています。
見知った顔ばかりで安心感のある出店でした。
まだまだ暑さ厳しく、今年は猛暑を超える猛暑なのでくれぐれも熱中症にはお気をつけて‼︎
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
プルからタネ
2018-05-13 Sun 22:23
2月末、長野はまだまだ寒く梅の蕾も固いまま。
買い物へ行こうと外へ出たら「みー、みー」と猫の声が聞こえてきた。
顔を向けると2m位先からチビの三毛猫がヨタヨタと歩いてくる。
いかにも弱っていて、全身から「助けて!」と言っているのがわかった。
3秒考え、保護することを決めてからご飯を用意し与えてみるとすぐにガッついて食べ始めた。
50cmくらいまでは近づけたので観察していると「女の子」「ガリガリ」「小刻みに震えている」「左前脚にケガ」...これだけわかった。
手を伸ばすと逃げるけど、またすぐに近寄ってくるのでウッドデッキにダンボールハウスを作りご飯とお水を置いてみた。
寒い寒い2月、夜には湯たんぽを入れておくと仔猫はダンボールハウスで過ごすようになった。 
そこから4,5日経ち、ウッドデッキから家の中を覗いているのがわかったので窓を開けると恐る恐る入ってきた。
速攻で捕まえて、予め準備してあったゲージの中へ。
うちは先住猫が3匹いるので、ひと部屋を仔猫部屋にして隔離。
猫ベッドですぐに寛ぎ、1発でトイレを使いこなし、ご飯もちゃんと食べる。
次の日には抱っこも出来て、基本的に人懐っこい、可愛い性格の仔だった。
ただ、ケガのせいか左前脚をちゃんとつけて歩けない。
ひょこひょこしながら歩くので全身チェックすると、4ヶ所ケガをしていた。
人間で言うと左腕の二の腕辺りと肘、胸の真ん中と左脇。
特に脇が酷くて、直径は1cm位なんだけど深さがあって穴というより空洞が出来ている。
何かしら病気を持っているだろう、と思いながら検査をしてもらうと白血病もエイズも陰性‼︎
まぁ、寄生虫はいたが薬で落ちるからコレはいいとしてもやはり痩せすぎ、と診断された。
月齢は推定で6ヶ月前後。
適正体重に全く届いてなく、体力も落ちているのでまずは体重を戻し、ケガを治すことを優先した。
(4月半ばには体重が増えてきたので避妊手術とワクチンを済ませた)
その間、同時進行で里親さん探しもスタート。
先住猫のストレスや経済面を考えて、初めから里親さんを募集しようと決めていた。
幸い病気も無かったのでポスターを作り、動物病院や近所のお店、友人のカフェなどに貼らせてもらう。
仔猫はすっかり私や旦那に懐き、構ってもらうと嬉しそうにノドを鳴らす。
が、どうしても脇のケガが治らない。
かさぶたが出来ても舐めたり、歩いたりすると傷が開いてしまい動く度に水音の様な音まで聞こえてくる。
通院が必要になり、これがネックとなって1件来ていた里親さんの問い合わせが流れた。
ネットのサイトにアップするのは最後の手段として、周りの人に聞きまくった。
なるべく知り合いの知り合い、とかが良かったのだ。
安心出来るし、会いに行けるから。
里親さん、なかなか見つからないね...と旦那と言いあうようになった4月、1本の電話をもらった。
あるスーパーに貼ってもらったポスターを見て電話をくれた人がいた。
偶然、その時私と旦那はそのスーパーで買い物をしていた。
もっと驚いたのは、その相手の方もそのスーパーにいた。
その場ですぐに会うことができ、色々話が出来たので先ずは会いに来てもらう事が決まった。
共通の友人もいることがわかり、里親さんはこの人たち(お子さんがいるご夫婦で、猫飼い経験有り)しか居ない!猫の神さまのお導きだー!くらい思った。
後日、うちに会いに来てくれ改めてお届けの日取りも決めた...が、自然には治らない、と診断され縫って閉じたはずの脇のケガがまた開いてしまった。
今度は部分麻酔を使ってしっかりと縫合してもらうことになった。
カラーをつけられて、不満そうにしている。
お届けを次週に伸ばしてもらう。
当の本猫はカラーがストレスになって食欲が落ち、便がゆるくなってきたので要らないタイツで術後服を作った。
着せたら弱そうなレスラーみたいで笑ってしまった。
カラーよりはマシそうだったので1週間後の抜糸まで我慢してもらう。
そして無事に抜糸を終え、先生にもお墨付きをもらったのでお届けをしてきた。
すごく広い家で居心地良さそうな空間だった。
私が住みたいくらい、と思うほど。
ご夫婦とは仲良くなり、友人として今後も付き合えることになったので願った通り仔猫にも会いに行ける。
...でも、帰りの車の中で泣いた。
約3ヶ月の付き合いだったけど、可愛いくて仕方なかった。
だって、淋しくて仕方ない。
里子に出すんだから一線を引く、なんて出来ない。
猫を保護して里子に出すの、向いてないとまで思った。
だけどまた、ケガの痛みを我慢して、飢えと寒さで震えながらもひとりで生き抜いてきた仔と出会ってしまったら私は「おいで。ご飯食べる?暖かいところで眠れるよ」と、声をかけてしまうんだろうな。
仮名プル→用意してくれた名前タネ
幸せにね、タネちゃん。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
冬の寝場所争奪戦
2018-02-19 Mon 13:31
猫の日です。
今回はうちの3匹の猫たちが夜に寝る場所のお話です。


たまゆら(♂)8才
暑がりだから基本は布団の上で寝るけれど、この時期は布団に入ってきます。
腕まくら大好き。
ごろごろ音は低音で短め、寝言アリ。
私が起きるまで一緒に寝てる。
体重が6kg以上あるせいか腕が痺れる...


きなり(♀)6才
寒がりで一年のうち、半年くらいは私の布団に入ってきます。
私が寝るとすぐにやってきて「ふんふん」と鼻を鳴らすので布団をめくってあげます。
もちろん腕まくら大好き。
ごろごろ音は高めで長いし、ふみふみも10分くらいするので私の寝つきが妨げられます...
ただ、いつの間にか押入れの布団の間に潜って寝ているので朝まで一緒に寝てることはないかな。

...この2匹だけなら左右で腕まくらして平和に眠るコトが出来ていました。
気持ち良さそうに寝てる猫を起こしたくない一心で寝返りも打たず、痒いところも我慢するなど私が頑張ればいいだけでした。

ところが3匹目の仔がこの冬から私の布団に入ってくるようになって状況が少し変わり始めたのです。


こはく(♀)3才
人に慣れるのに2年...この冬やっと自分から膝にのってくるようになりました。(コタツに入っている時限定)
腕まくらをご所望されます。
ごろごろ音が大きく長い。
すっごく長くてこれまた私が寝付けない。
頭だけちょこんとのせてくるだけなんで腕は痺れなくてラク。

さて...うちの猫たちは団子になって寝ることは基本しません。
さらにきなりはこはくが好きじゃない。
でも、こはくはきなりが大好きで付いて回りよく怒られてます。
そして、入ってくるのは絶対に私の布団のみ。
多分、旦那の寝相より私の寝相のがいいからだと思います。
これを前提に...

①私の片側にきなりが寝てる時の反対側は...
→たまゆらが先ならこはくは諦めて布団の上かまだ温かさが残るコタツ。
→こはくが先ならたまゆらは布団の上に。

②私の片側にたまゆらが寝てる時の反対側は...
→きなりが先ならこはくは①と同じ。
→こはくが先だと後から来たきなりがシャーシャー怒る。
枕元で怒るのでうるさい。
布団の周りをグルグルして鼻を鳴らしアピール。
うるさい...眠れないよー。
私は寝付きが悪いのです。
が...そのうち諦めて押入れで寝ます。

③私の片側にこはくが寝てる時の反対側は...
→きなりが先ならたまゆらは布団の上に。
→たまゆらが先だと後から来たきなりは②と同じ。

...つまり、きなりとこはくが揉めるのです。
早いモノ勝ちなんですが、なるべくきなりが一番になるようにしてます。
気ぃ使うわ~。
でも、猫と寝るのは最高に気持ちいいです。
どちらに顔を向けてもモフモフ。
モフモフを両手に抱いて触り放題。
なので、うるさいのや重いのや、肩や首が凝るのは代償です。
ちなみに私自身はたまゆらと寝るのが一番ラク。

今回は読むの面倒な文章ですね...
でも、他の多頭飼いのおうちの様子興味あるな~。

あ、そうそう。
いま、うちに迷い込んで来た推定7~10ヶ月の三毛猫ちゃんを保護しています。
人馴れはすぐに出来そうなんで里親さんを見つけたいと考えてます。
見つかるといいなぁ。













別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
意外と楽しいかも...
2018-01-15 Mon 22:24
2018ですね!
すでに半月経ちましたが、明けましておめでとうございます☆
本当はお正月に一回ご挨拶の文を打っていたのに最後の方で間違えて消しちゃったんですよね~。
で、「なんでよー!」ってなってスネてました。

話は変わって、今年はお正月休みにアイススケートをしました!
最後にやったのは小学生だったので、滑るどころか立てるかどうかも不安...
でしたけど、思ったより滑れました。
意外と転びもせずに滑れて楽しかった♪


その後、温泉に行ったんですけどココでも久しぶりにサウナに入りました。
多分10年以上入ってなかったんですけど「アロマサウナ・本日ペパーミント」って書いてあって引き寄せられるように...
アロマはよく分からないけどペパーミントは好き♡


呼吸の時に熱気が入ってくるのが苦手なんですけど、やっぱり5分も保たなかったです。
血圧低めだし...
でも5分でも汗がダラダラ出てきたのでヌルめのシャワーを(水風呂キライ)浴びたら気持ち良かった!

新年早々、初「かなり久々」のコトをふたつ体験して思ったのは日常のちょっとした事でも試してみると意外と楽しいかも♪でした。

ホントちょっとした事でいいんです。
少しだけ達成感が得られてイイ感じ♪
なので今年は「私には無理かなぁ」とか思っても、その後に「イヤ、意外とイケるかもしれない」と一旦考えてみようかと思います。
それでも無理ならやめればいいし~。
思いもがけず、新しい扉が開いたら儲けモノです♪

suryaでも作ってみたかったけど、なかなか形に出来なかったアイデアにチャレンジしていきます。

それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様もステキな一年になりますように...☆


surya 智子
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
| "surya" blog | NEXT

検索フォーム