http://8surya8.blog107.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
猫の日
2015-02-21 Sat 18:52
1月12日、2匹の野良猫を保護しました。
推定3ヶ月くらいの子猫たち。
兄妹で三毛の女の子とサバトラ(キジトラかな?)の男の子。


うちには先住猫が2匹います。
4歳の黒猫たまゆらくんと2歳の白猫きなりさん。
このきなりさんが気が強くうちではもう他の子を増やせないと思ってたので
里親さんを見つけてあげよう、と考えました。

とりあえず三毛を仮名ミケちゃん、サバトラを仮名サバくんと名付けてお世話を始めました。



ひと部屋を子猫達にあてがい、ネットや本をみて過ごしやすい環境を作りました。
病気の有無がわからないので先住猫とは接触しないようにします。
それにしても警戒心が凄くて特にミケちゃんは今まで見た猫の中でもダントツにスゴイ。
まぁ、最初はこんなもんか...と思いご飯をあげてトイレを片づけ、猫なで声で話しかけ、家猫修行を開始。
数日後に動物病院へ検査に行き、猫エイズと白血病などは陰性、ダニも無し、ただ寄生虫はいたので薬を出してもらいました。
感染症の心配はなくても寄生虫を駆除するまでは念のため先住猫とは会わせないようにします。
まぁ、ドア越しにお互いの存在には気づいていましたが...
私が他の部屋で寝てると先住猫が落ち着かないのでここは旦那さんに子猫部屋に寝てもらいます。


そうして始まった合計4匹の猫との暮らし。
幸いサバくんの里親さんはすぐに決まりました。
同じ村に2月半ばに引越してくる予定の方で猫と暮らした経験もあります。
ご近所に里子に出すのでこれは嬉しいご縁。
それまでに少しでも人に慣れてもらわなくては...

2週間たちました。
サバくんは撫でさせてくれるようになりました。
手を出すとシャーっと言い、それでも優しく触るとビクっとして体を硬直させますが逃げたり、噛み付いたりしなくなりました。
この子は目がとても大きくてこぼれ落ちそうなくらい。
とってもイケメンくん。
ぴゃーぴゃーと高い声で鳴きます。
可愛い♡




問題はミケちゃんです。
3週間たっても威嚇が激しく、ご飯をあげようとしてもスゴイ勢いで猫パンチをしてきます。
まぁ、当たらない距離にご飯を置くので怪我はしないですが...
先住猫は1日で抱っこ出来たし、すぐに懐いてくれました。
いくら野良だったとしても1ミリも警戒心がなくならないので困ってしまいます。
里親募集するには子猫のうちの方が探しやすいし、子猫のうちに次のお家に行った方が負担も少ないだろうし早く慣れて欲しいと、気持ちが焦り始めます。
保護経験豊富な知り合いに相談したところ、あえて毎日少しずつ抱っこして怖くない事を伝えるというのも手だ、と教えて頂き挑戦したところ手を20ヶ所噛まれ流血してしまいました。
いやぁ、痛かった...
ナウシカのテトのようにはいかなかった...
けど、ミケちゃんはもっと怖かったでしょう。
この時点で早めに里子に出すことは諦めました。
もう長期戦を覚悟して、ノンビリ構えて時間がかかっても少しずつ慣れてもらえればそれでいい、と思ったのです。
そこから里親さんが見つかればそれでいいし、うちの子とも何とか慣れてもらえればずっとうちに居てくれればいい。
先住猫にも負担がかかりますが、そこはゴメン‼と謝りました。
私の勝手な気持ちで保護したのだから私の勝手にたてた予定なんかより子猫のペースが1番大事。
...というとこに落ち着くまでに時間がかかってしまいました。
ごめんよ、ミケちゃん。

うーん、美人さん♡

さて、里親さんが決まったサバくん。
途中、2回ほど里親さんが会いに来てくれました。
相変わらずシャーとは言うけれど抱っこもナデナデも出来るようになりました。
抱っこした里親さんから「ゴロゴロ言わないね」と言われました。
確かに...
うちの先住猫なんか膝にのせただけで、私が撫でようと近寄っただけでゴロゴロ言うのに...
撫でられればウットリするし、膝でウトウトもするのにゴロゴロ言わない...
やっぱりまだまだ緊張してるんだなぁ。
お外の暮らしのが良かったのかしら?
でもでもあのままじゃ長生き出来ないし...
今年はやたらと雪が降るし...と保護したことが良かったのか悪かったのか頭がグルグルに...
とは言っても今さら外に離すことは出来ないのでひたすら願いを込めて優しく抱っこする毎日。
そして里子に出す予定の1週間ほど前。
仕事から帰った旦那がサバくんを抱っこして撫でていたら...かすかな音が聞こえます。
ゴロゴロ言ってるー!嬉しい‼
そこからは撫でればゴロゴロ言ってくれるようになりました。

この頃は寄生虫駆除も終わっていたので先住猫にもお互い慣れてもらおうと思い、閉め切ったドアを解放。
好奇心旺盛なサバくんはさっそく家中うろうろ。
先住猫も子猫も威嚇しあってますがケンカにはならず。
距離を保って存在を受け入れてくれました。

そして里子に出す前日。
サバくんを撫でつつ、おでこをくっつけて「健康で長生きして猫生を精一杯楽しんで生きてね」と話しかけていると鼻をペロペロしてくれました。
これには感激。
泣きながらサバくんのこの先が幸せいっぱいになることを願いました。

さらにうちの気の強いきなりさん。
私の心配をよそに子猫に興味を持ち、威嚇も少しずつ減ってきていました。
そんなきなりにサバくんが寝転びお腹を見せて「遊ぼ~」と誘ってるではありませんか!

これにも大感激‼
少しはうちに慣れてくれてたんだなぁ、と嬉しくなりましたが明日には里親さんが迎えに来ます。
正直寂しくて寂しくて...
次の日、サバくんは猫との暮らしを楽しみにしていた優しい里親さんにもらわれていきました。
近所なので会いにいきたいと思います。
里子に出して2月22日の今日で2日たちました。
サバくんは元気にご飯を食べ、新しいおうちを探検しているようです。

ミケちゃんは相変わらず威嚇しますし、近寄ると逃げちゃいますが他の部屋も行ってみたり旦那のお布団の上で寝たりするようになりました。
毛布越しならナデナデしても逃げないし威嚇もしません。
シャー以外の声はまだ聴けませんが、いつかもっと仲良くなれるように名前をつけました。
毛の色からイメージして「琥珀こはく」ちゃんです。
私が天然石好きなので...

長くなりましたが今日は猫の日。
この日にちなんで猫にまつわるお話を書きました。
世界中の猫が...というのは現実からみて厳しいのは知っています。
それでもこの人間メインの社会の中で理不尽な目に合う猫がいなくなるように願わずにはいられません。







スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
| "surya" blog |

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。